Otani Clinic
製品情報



補聴器の種類
【外耳道内レシーバ型(RIC型)】

形状は耳かけタイプですが、耳介上から来るケーブルが髪の毛の様に細く、レシーバーが本体内部から分離し本体の小型化、様々なデザイン化が図られており、イメージを一新するものになっています。また一般的に補聴器は装用者の口に近いため、自声の響きが特に最初は気になりますが、他の形式よりマイクが離れているため、耳あな型はマイクが本体にあり、骨から伝わる自声がこもった詰まった感じ、それに伴う響く感覚を迂回する位置にあるため、装用違和感が一番少ない。最近は逆位相による打ち消し技術により、ピーピー言うハウリング音を抑えられるようになり、耳を塞がないで装用できるため、聴力レベルにもよりますが、初期装用における違和感軽減にもつながり一番抵抗がありません。この出るレシーバーが耳あな型同様鼓膜近くから再生されるため、音の再現性も良い。
(¥50,000~¥490,500)
【耳かけ型】

従来からある形状ですが、これも以前より小型化し、パワーに余裕があり、様々な聴力に対応しやすい。電池も大きめを使用し、電池寿命が長く大きさがあるため取扱し易く、転がりにくいため紛失しにくく、価格も経済的です。通常耳栓部分はイヤモールドというオーダー耳栓を制作します。
小型耳かけ型は先端アダプターを変更すればスリムチューブにもなり、RIC型に近い構造にもなりマイクロモールドも制作可能。
但しアダプター先端より音が出て、音道管を通して鼓膜に音が到達するため、波形的な乱れが生じいて、音の減衰効果で柔らかくなる利点もあるが、再生忠実減衰逆効果もあります。それはその方の聴力や聞こえの印象にもより、試聴で確認していきます。 また、耳垢や耳漏の影響のある方はこの機種の選択になります。
(¥45,000~¥480,000)
【耳あな型】
既製品もありますが、咀嚼や会話による顎関節の動きにより、補聴器がずれる等不安定なため、耳型部のシェルをオーダー化するオーダーメードタイプがお勧めです。 メガネを掛けている方やマスクの着脱時の影響を考える方にお勧めです。
(¥70,000~¥500,000)

●CIC/IIC型

耳道内完全装着型で、耳あな型では一番目立たない。補聴器の容積も小さく違和感が少ない。こもり感の減少。カナルタイプより奥に入る分、風きり音の減少と耳介の効果(指向性)を最も活かせる。電話、ヘッドフォンの使用がより可能に。
製品によってはリモコン非対応であり、プログラム切替ボタン取付できないものもある。
CIC型よりIIC型の方がさらに大きさは小さい。

●カナル型

耳あな型で一番使用されている方が多いタイプで、CICよりも大きい電池を使用するため電池寿命の長さと、CICより大きいため扱いしやすい。ボリュームやプログラムボタンを取付可能。指向性のためのダブルマイク搭載可能です。

●カスタム型

高度難聴まで対応。さらに大きい電池を使用するため、電池寿命が長い。取扱いしやすさ重視。後はカナルタイプと同様です。
【ポケット型】

従来からあるラジオの様なデザインで、マイクロフォンが本体にあるため絹ずれ音が発生したりしますが、本体を相手の口元に近づけられる等実用的な使い方ができます。 最近はデジタルになりつつありますが、上記補聴器の様にその方の聞こえに正確に合わせる様に出来てはいません。本体内部のトリマーにて概ね合わせて、環境によるボリュームの上下をします。外部入力端子内蔵で、TVへコードで直接つなぎ聞けるものもあります。
(¥29,800~¥75,000)
【オープンフィッティング】
CIC小型耳あな型が従来目立たない補聴器として重宝されていましたが、通気孔を開けてもどうしても外耳道を塞ぐ面積があるため、閉塞感やこもり感、地声の響きや声変わりがありました。これを解消する方法として考え出され、外耳道を塞がない形で装用する方法を、オープンフィッティングと言います。 通気性の確保、地声の響きや声変わりの軽減、閉塞感こもり感の軽減につながります。

特に推奨するバーナフォン社は、このオープン化することによる聞こえの改善に対しての不足分を補う、補正を音響的に加えている点が優れています。

①オープンドーム

軽度~中程度の聴力であれば、特に初期には最初に写真で示す、シリコンで出来た大きく穴の空いたドーム型耳栓を使用します。ここまで大きな通気があれば遮蔽感がなく、補聴器の増幅分だけの地声の変声のみで、音響的に自然感があります。中程度や低音障害の場合は、その隣にあるチューリップの花弁の様な形で水平にスリットが入った耳栓、チューリップドームを使用して行きます。

②マイクロモールド

聴力が中程度以上のかたや、耳道が狭い、既製耳栓では顎関節の動きで外に出やすいかたは、オーダー耳栓のマイクロモールドを製作する方が聞こえも安定します。イヤモールドよりも耳道内の長さが短く存在感が少なく、RIC型はオーダーメードのCIC耳あな型よりも部品点数が少ないため、その分空気孔を大きく取れ、遮蔽感が少なく済みます。ドーム型耳栓よりも安定化しているのが特徴です。

③スケルトン

イヤモールドの中で耳の甲の部分をくり抜いて、保持にだけ利用したりする形状で、汗やアレルギーによる影響を緩和させる目的で使用することもあります。これもオープンの仲間と言えます。
【イヤモールド】
耳かけ型補聴器(音導管タイプ)にはイヤモールド(オーダー耳型耳栓)作製をおすすめします。ピーピーという音もれ(ハウリング)防止や、音のロスをなくし鼓膜面へ確実に伝え、音質も自然に近くなる。また、脱落防止にも役立ちます。

●ソフトタイプは当たりは柔らかいが、やや寿命が短く、黄ばんでくる。お子様むき。
●ハードタイプは当たりは硬いが、一般的。寿命が長く、汚れても研磨ができる。
特にご年配にとっては皮膚の関係から、ソフトだと滑りが悪く入れづらい場合があり、ハードの方が安定していて入れやすい。
どちらも今はUV凝固剤のため低アレルギーです。

●コンビネーション
外耳道部分が顎関節の動きがあり、その部分だけソフトで、外の部分をハードにして固定力を上げる目的。

●シリコン
ゴムのような柔らかさがありソフト剤よりも寿命が長い。価格は高価だが素材が安定しておりもっとも低アレルギー。基本色肌色系。カラーもできます。

●サーモテック
常温ではハードで、体温で柔らかくなる。高度難聴のハウリング防止効果が高い。

●ハードスケルトン
アレルギー体質や汗によるカブレが起きやすい場合や、オープンタイプの保持用として、くり抜いた形状。

●BOXハード、ソフト、コンビ。
ポケット型補聴器用。

●カラー、シール挿入、ラメ。
ご希望によりカラーを入れられます。お子様にはご持参のシールを入れることができます。ラメも入れられます。

●カナルタイプ(左からハードハーフサイズ、シリコン、ハードシェル)

●カスタムタイプ(両端ハードシェル、中央ハード)

イヤーモールド価格表
 ハード  8,640円  BOXハード  8,960円
 ソフト  8,640円  BOXソフト  9,260円
 コンビネーション  8,640円  BOXコンビ  9,690円
 シリコン  12,600円  カラー  640円
 サーモソフト  10,260円  シール挿入  640円
 サーモテック  13,710円  ラメ  640円
 ハードスケルトン  9,720円    
税込み価格。補聴器同時購入2,000円サービス、及び非課税。
【マイクロモールド】
最近の耳かけ型補聴器(音導管タイプ)は小型化してきており、中軽度聴力のかたなどは細いスリムチューブタイプで目立たなく使用することもできる。それにはイヤモールドよりも小型な、マイクロモールドでも対応でき、その分装用快適になります。また通気穴も設け易く、閉塞感を和らげることにもつながります。特にこのタイプは当店独自に製作しております。
(補聴器新規セットの場合、5,000円。単体7,560円)

●マイクロモールド(右端RIC用)

また最近の補聴器はRICタイプが装用快適なため、使用されるかたが多くなってきています。聴力的に軽度であれば既製耳栓のオープンドーム型耳栓で対応できますが、聴力が中程度以上のかたや、耳道が狭い、既製耳栓では顎関節の動きで外に出やすいかたは、同様にマイクロモールドを製作する方が聞こえも安定します。
(10,000~12,960円)
【ワイヤレス・ファミリー】


●ワイヤレスマイク

騒音が多い場所や、聞き取り明瞭度が良くない方のために、話し手の口元で音声を聴き、明瞭度を稼ぐ方式です。これを応用して、このワイヤレスマイクをテレビの前に置くことで良く聴くことが出来ます。

GNリサウンド及びベルトーンは、中継リモコン無しにて直接補聴器に受信することができ、ストレスフリーです。但し使用時、補聴器本体の電池を使用するため、電池消耗が早くなります。
【デジタルワイヤレス補聴援助システム〔ロジャー〕(フォナック社)】
話し手と聞き手の距離が離れた広い場所や、周囲の声が行き交う公共の場所など、補聴器や人工内耳を装用していても聞き取りが困難な環境があります。
遠くにいる話し手の声を送受信し、聞き取りをサポートします。
従来は169MHz帯のFMを使用していましたが、2,4GHz帯になりノイズリダクションシステムも向上し、チャンネル干渉も無くなりました。


●送信機

[ロジャータッチスクリーンマイク]
学校など教育現場での使用におすすめのワイヤレスマイク。スマートフォンのようなタッチスクリーンを採用し、すっきりしたデザインで操作性も抜群。付属のネックストラップを利用した「首かけモード」と、卓上で使える「小グループモード」が、とても便利です。

ロジャー・ダイナマイク ¥128,000(税抜)
※2時間充電で約10時間使用できます。

[ワイヤレス補助マイク(ハンドマイク型)]
ロジャータッチスクリーンマイクの子機として使用できるハンドマイクです。小さなお子さまでも持ちやすい形状とサイズが特長。手持ちで使用するほか、スタンドに立てて使うこともできます。

ロジャー・パスアラウンド・マイク ¥78,000(税抜)
※2時間充電で約10時間使用できます。

[ワイヤレスマイク(ピンマイク型)]
ロジャー受信機とFM受信機の両方に送信できるハイブリッドタイプのワイヤレスマイク。カラーディスプレイと日本語表示で操作も簡単。

ロジャー・インスパイロ ¥128,000(税抜)
※2時間充電で約10時間使用できます。

[ワイヤレス補助マイク(ハンドマイク型)]
ロジャー・インスパイロの子機として使用できるハンドマイク。FM電波も送信できます。

ロジャー・ダイナマイク ¥72,000(税抜)
※2時間充電で約10時間使用できます。(インスパイロと共に)

[ワイヤレスマイク]
外出先でもスマートに利用できる、スリム&スタイリッシュなぺン型の送信機。携帯電話で相手の声がハンズフリーで聞こえる機能や、テレビの音も楽しめる、便利な機能搭載。

ロジャー・ペン ¥109,000(非課税)
※2時間充電で約7時間使用できます。(Bluetooth利用時は約5時間)
※ブルー/レッド/シルバーの3色。

[2台目や自宅用におすすめのマイクロフォン]
手のひらサイズのクリップタイプで、胸元やポケットにさっと留められます。

ロジャー・クリップオンマイク ¥66,000(税抜)
※2時間充電で約4、5時間使用できます。ロジャーペンを親機として、10台まで一緒に使用できます。

●受信機

[ユニバーサルタイプ]
様々なメーカーの耳かけ型補聴器にも使用できるユニバーサル(3ピン)タイプの受信機。
各社対応リモコンや人工内耳プロセッサ、コクレア社骨導Baha BP100にも使用可能。

ロジャーX ¥92,000(税抜)
※耳かけ型補聴器にはオーディオシューが別途必要です。
※電池寿命は使状況により異なります。

[Tコイル利用タイプ]
Tコイル内蔵の補聴器、人工内耳に対応。オーディオインプット端子のない耳あな型にも使用できます。

ロジャー・マイリンク ¥65,000(税抜)
※2時間充電で約10時間使用できます。
【クロス システム】
片耳が補聴器効果が期待出来ない場合に、反対の耳で聞き取りその音情報を得る方式です。 補聴器の効果が期待出来ない耳(不良聴耳)側に、マイクロフォン機能のみの補聴器をして、電波で通信して聞き取る。従来は線をつないでいたのが、無線通信で出来る様になった。但し音はモノラルになります。 今現在この様に無線で出来るのは、フォナック社とワイデックス社です。

クロスシステムは二つの方式があります。

①クロス設定
良聴耳側が健常の場合は、健常側は裸耳で自然に聞くためオープンとし、補聴器の再生は反対側の不良聴耳の再生のみにする。

②バイクロス設定
良聴耳が聴力低下がある場合、補聴器の増幅をし、不良聴耳の音と共に聴くことが出来る。

●フォナック クロス
耳かけ型 ¥85,000(税抜)

ベンチャーシリーズ フォナック クロスⅡ ¥90,000(税抜)

耳あな型 ¥110,000(税抜)

但し、フォナックの電池寿命は25~35時間なためご注意を。(2~3日間)
必要な時だけクロス機器を使用する使い方であれば、長く持たすことが出来ます。
ベンチャーシリーズ フォナック クロスⅡは46~58時間。(3~4日間)

●ワイデックス クロス
耳かけ型 ¥90,000(税抜)

電池寿命120時間(8日間)

●シーメンス・シグニア クロス
耳かけ型 ¥90,000(税抜)

電池寿命90時間(6日間)、リモコンも使用できる。

デモ機は試聴されておられる方もあるため、試聴ご希望機種がございましたら事前にご確認をお願いいたします。
【デジタル骨導補聴器】
中耳炎等の伝音性症状の場合、内耳が良好であれば骨導方式も補聴器の効果があります。耳穴に耳栓等何も装用せず効果が得られます。音を伝える骨振動子が骨に振動を伝える仕組みで、頭後ろ側の乳頭骨と呼ばれる部分にしっかりと当たる必要があるため、メガネ型やカチューシャタイプになります。
日本では唯一デジタルの骨導補聴器を扱っているがアメリカ・スターキー社です。

 

●メガネ型デジタル骨導補聴器

F228D
片耳仕様:¥240,000 両耳仕様:¥460,000(レンズ別)
テンプルカラーブラック。使用電池PR44(675)、電池寿命329時間

●カチューシャタイプ
miniデジタル骨導補聴器

片耳仕様:¥180,000 両耳仕様:¥330,000
カチューシャカラーブラック、骨振動子カラー・黒・赤・青
使用電池PR48(13)、電池寿命200時間
【補聴器耳垢吸引機〔イーグルバックミニ〕】
㈱オスカー・トレーディング

そよなら、ミミアカ。

¥21,600

補聴器は音の出口に耳垢が付着すると、音が出なくなったり、感度が下がり、ついには音が出なくなったりします。毎日のお手入れの中で、衛生綿で拭いた後、添付されているハケで清掃する訳ですが、その操作は物理的に耳垢を奥に押し込むことになり、前記の状態になりかねません。そこで当方がお勧めするのが、耳垢吸引機です。これにより内部に入るのを防ぐことになり、感度低下を最小限に抑えることに繋がり、常に補聴器が正常な音声を届けることができ、単純な問題を日頃の簡単なケアで解決することができます。
透明筒下部に水を入れ、汚れが溜まったら入れ替える方式です。

― 新規導入により片耳15万円以上、両耳25万円以上の補聴器をご購入に対し、1台無料でお付けいたします。(希望者のみ)―〔耳あな型、RIC型マクロモールド仕様の補聴器に対して〕
台数に限りがあり、無くなり次第終了となりますのでご了承くださいませ。

PAGE TOP